お役立ち雇用情報を配信します。

ジョブコーチが障害者雇用のため必要なこと

理念を大切にすることが障害者雇用のために必要なことです。
そのためジョブコーチを実践するために土台となるべきポイントを大事にしましょう。
まずは社会の中で働くことを支援するということを忘れないようにしましょう。
就労を通して、ノーマライゼーションの実現を目指していきます。
障害のある人が施設の中だけでなく社会の中でも可能な限り普通の職場で働くことを支援します。
そのためにジョブコーチ自身も施設の中だけでなく社会に出て行って支援をしましょう。
そして労働にふさわしい報酬を障害のある人が得られるように支援しましょう。
ジョブコーチは基本的には雇用就労を目的とした支援ですが、自営業、施設外就労などの雇用契約を伴わない就労も状況によってはジョブコーチの支援対象となる場合があります。
さらに、職業的に重度の障害がある人を優先的に支援するようにします。
ジョブコーチがつかなければ就労が困難である人、安定した就労継続が困難である職業的に優先的に対象とすべき人を支援しましょう。
忘れていけないのは、障害がある人だけでなく雇用する企業も支援をすることがジョブコーチでは必要です。
障害がある人と企業の両方の立場を考えてバランスを考えながら支援を行っていきましょう。
より大事なのは地域に根ざしていくことです。
ジョブコーチ支援のためにフォローアップは欠かせません。
職場での集中支援のみで終わるのではなく、その後も地域で障害のある人と企業を継続的に支えていくことがジョブコーチの就労支援では基本となっていくことです。
最後に、自分がプロの意識をもっていることを大事にしましょう。
1人で職場に入って短期間で結果を出すことが必要なジョブコーチは、専門的で高度な技術が必要であるためプロ意識は常に必要です。
職場に何も考えずに付き添うのではなく、役割と目的をしっかりともって具体的にどうやって結果を出せばいいのかを考えて企業からも認められるようにしましょう。